2011年2月10日木曜日

入国審査官の対応

入管へ申請に行くと、自分の順番がくるまでかなり待つときがあります。
それもそのはず、一件一件の申請に結構な時間がかかっているからです。

入管のお客さんというのは、ほとんどが外国人ですから、手続きに不慣れな場合が多く、それで時間がかかっているのです。
外国人が手続きに不慣れなのは仕方ないと思います。日本人でさえ分からないことが多いでしょうから。

ところで、窓口の職員は、お客さんに対して、たいてい日本語でしか話しをしません。
なかには、流暢な英語で対応している職員もいますが、ほとんどの職員は日本語です。

まあ、これも仕方ないところでしょう。
ネイティブと対等に英語や中国語で会話ができるのであれば別でしょうが、中途半端な会話力だと、下手したらお客さんに誤解を与えかねないですから。

とは言うものの、全ての言語は無理にしても、英語や中国語あたりを流暢に操れる職員を多く配置すれば、待ち時間も短縮されそうな気がします。

0 件のコメント:

コメントを投稿