2014年7月10日木曜日

帰化申請の費用その2

前にも帰化申請の費用について書きましたが、よくお客様から、帰化申請は一人あたりいくらですか?と質問されます。
帰化申請の費用はお客様の様々な状況に応じて異なってきます。
例えば、次のような状況です。
  • 国籍
  • 在留資格(特に、特別永住者かどうかは大きな違いです。)
  • 職業(会社員か事業経営者かで大きく異なります。)
  • 事業経営者の場合、個人事業か会社法人経営か
  • 親族も一緒に申請する場合、生計が同じか別か
  • 父母が健在かどうか
  • 兄弟姉妹は何人いるか
  • 兄弟姉妹のうち帰化した人がいるか
  • 配偶者や子どものうち帰化した人がいるか
  • 帰化した人のうち転籍をした人がいるか
  • 日本の役所に婚姻届、出生届、死亡届、認知届、離婚届などを出したことがあるか
  • 韓国籍の場合、除籍謄本のページ数
など、書き出したら切りがありません。
したがって、すぐさま●●円です、とお答えできるようなことではありませんので、色々なことをお尋ねした上でお見積額を提示させていただいております。

しかし、詳細な見積もりよりも大体で良いので、どのくらいかかるのか知りたいとお考えの方もいらっしゃると思います。
そのような方は、ケース別 帰化申請の費用のページをご覧ください。よくあるケースの費用をシミュレーションしています。

0 件のコメント:

コメントを投稿