2013年5月23日木曜日

入管での審査日数

よくお客様から「申請してから、どのくらいでビザをもらえますか?」と質問されます(ここでいう「ビザ」というのは入管から受ける許可等のことです)。
お客様の気持ちはもっともだと思います。それが最も気にかかることでしょうから。ですから、これまでのケースから推測して大体の目安はお答えしています。

私はこれまで11年間、ご依頼を受けて多数の申請を入管にしてきました。
どの案件も出来るだけ早く許可が出るよう、すなわち審査がスムーズに進むように、提出する書類を工夫しておりますから、大抵は想定内の日数で審査結果は出ます。

しかしながら、中には予想に反して審査が長引く案件があります。その理由が納得できることなら良いのですが、単に入管側の都合であったり、審査担当者の処理能力によったりすることが珍しいことではないようです。多数の申請案件を限られた人員で処理するわけですから、ある意味仕方ないとは思いますが、お客様からすれば一日千秋の思いで結果を待っていらっしゃるわけですから、私としてもいつものことながら申請後は出来るだけ早く審査結果が出ることを望んでいます。

2013年5月14日火曜日

帰化申請の費用

よく電話などの問い合わせで「帰化申請を頼んだらいくらですか?」と尋ねられます。
もちろん品物ではないですし、申請者の在留資格、職業などにより異なりますので、帰化申請=○○円、というような料金設定にはできませんが、ざっくりとした目安程度で良いとおっしゃる方には、大体いくら程度です、とお答えしています。
一方、ご依頼を真剣に検討なさっている方には、出来るだけ詳細にお見積りを出して差し上げたいと考えておりますので、法務局からもらった必要書類一覧表を元にいくつか質問させていただいた後、少しお時間をいただいて見積額を算定しております。
そうすることにより、最終的な御請求額は当初の見積額のプラスマイナス1万円程度の範囲内になることが多いです。