2011年12月20日火曜日

届出済証明書

先日、届出済証明書が届きました。
早いもので、これで3回目の更新、4枚目の証明書です。

届出済証明書というのは、在留資格変更許可申請や在留期間更新許可申請などの申請手続きを、外国人本人や申請代理人に代わって、私が地方入国管理局に申請書類を提出するときに必要となるもので、3年毎に更新しなくてはなりません。

ところで、ここ数年で“入管専門”“ビザ専門”と宣伝している行政書士のウェブサイトを多く見かけるようになりましたが、入管や在外公館のウェブサイトに書かれているテキストを、そのままコピーして貼り付けているようなサイトがたくさんあります。

中には私のウェブサイトの内容をそのまま掲載しているところがあり、唖然としたことがあります。

要は自分の言葉で書いていないんですね。
上記のようなサイトを公開している行政書士さんは、登録してから、ここ数年以内の方が多いようですから、 あまり申請手続きの経験がないのだと思います。
したがって、外部サイトからの情報を載せるしかないのでしょう。
ですが、もし、そのサイトを閲覧した依頼人が、ウェブサイトに書かれていることについて、もっと具体的な質問をしてきたら、どうするのでしょう?

余談ですが、上記のようなウェブサイトを運営している方に多いのが、プロフィールなどのページに「法務大臣認定申請取次行政書士」などと書いていることです。
ですが、法務大臣から認定を受けているわけではありませんので、間違っています。

何だか新人さんに手厳しい記事になってしまいましたが、入管関係法令をよく勉強し、依頼人から信頼される行政書士がもっと多く誕生してくれることを期待しています。